alliance

あかばんず スマホ版

スマートフォン版

あかばんず 〜リアルな世界で僕が君にできること〜 スマホ版

ジャンル:
大規模オフ会ADV
シナリオ:
大三元
原画:
ルリノサカヅキ、田口まこと(SD原画)
ボイス:
あり
メーカー:
ボンボンカンパニー
年齢区分:
Google Playストアのレーティングに準拠

対応OS:
Android 2.3以降
スマートフォン・タブレット
ストレージ:
約560MB使用
※SDメモリーカード非対応

価格:
1,700円(税込)

作品概要

「俺の3000時間を返せ!!!!」 垢BANされたアバターを取り戻すため、美少女たちと学園生活!


プライバシーポリシー

ストアリンク


Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

あらすじ

普通に起きて、普通に学園に通い、普通に勉強して、普通に遊んで、普通に趣味のゲームや読書をしてから眠りにつく。
主人公はそんな退屈な生活を送る、ごく普通の少年だった。
そんな彼だったが、国民的大ヒットネットゲーム「アルファ」と出会い、退屈な日々が一変する。
眠る時間以外の全てがアルファ。睡眠時間は学園で確保。生活の全てをアルファに捧げるようになっていった。
最初はヒット作の情報源として重宝していた友達も、あまりにハマった彼を遠ざけるようになる。
幼なじみも、気さくだった学園のアイドルも、おせっかいな風紀委員も彼に話しかけることはなくなっていた。
それをいいことに、さらにアルファの世界に没頭する主人公。同じく夢中になった仲間たちと、ゲーム世界では『神プレイヤー』とあがめられる存在にまで上り詰めていく。

そんな彼らのパーティに、ある日ゲームマスターから「特別ミッション」が与えられる。
同じく名の知れたプレイヤーと一緒にミッションをクリア。
徹夜し空は白んでいたが大きな達成感。だが、その後に響いた声は、主人公たちに絶望を与える。

「アナタハ、アルファニ、ハマリスギ」

なんと、苦労して育てたアバターが、運営の一存によりデリートされてしまったのだ。

「俺の3000時間を返せー!!!!」

叫び虚しく、キャラクタはデリート。
主人公は魂が抜けた状態になり、それ以降は何をするにもうわの空な日々を送ることに。

そんな魂の抜けた主人公の前に突然「民政員」と名乗る美女が現れ、こう告げた。
「あなたには、これからある更生プログラムに参加してもらいます」
意味も分からず、説明を受ける主人公。
それはネットゲームに夢中になり過ぎた人を更正するプログラムだという。
大切なキャラクタを消され、怒りをあらわにする主人公だったが、最後の一言が決め手になった。

「プログラムを成し遂げた暁には、あなたのキャラクタを復活させましょう」

矛盾する提案とは思ったが、なによりもキャラクタを返して欲しい主人公は、二つ返事で参加を了承する。
果たして「更生プログラム」の正体とは?
主人公はアバターを取り戻しネットゲームライフを満喫できるのか?

新たな日々に主人公は身を投じていくのだった。

キャラクター紹介

由貴

辻内 由貴(つじうち・ゆき)(CV:藤森ゆき奈)

【現在売り出し中のアイドル】

世間の知名度はそれほど高くないが、その抜群の容姿と、人当たりの良さで若い層にはかなりの認知度がある。主なお仕事は、グラビア。CDデビューの話は何度もあるが、なぜか直前で消えている。実は致命的な音痴で、マネージャーからは人前で歌うことを絶対に禁止されている。

そんな彼女の知名度を上げたのは、年末のインテリ芸能人クイズ大会。現役の学生でありながら有識者を次々と沈め決勝まで残る大奮戦が話題になった。なお、決勝では惜しいところで敗れる辺りが、それがまたアイドル性を高めるにいたった。恋愛映画への参加が決まるが、恋愛経験がまるでない彼女は役作りがまるでできない。更正プログラムで、主人公の相手役を務めることを提案され、ネトゲ仲間の中で一番興味がある主人公との接触と、演技にプラスになる経験を手に入れられると思い参加を決意する。
アルファは仕事の合間にやるので、主にアバターを使ったチャットツールとして使っている。妙に気があう人(主人公)がいたので、ギルドにも所属し合間にはモバイルでチャットを楽しむ程度。ギルドそのものはガチギルドと思われがちだが、ライトな層も歓迎している。なお、自分に起こった出来事を若干改変して伝えているので、ギルドメンバーには超お金持ちのお嬢様と思われている。(海外にグラビア撮影に行けば海外旅行にいった等)アルファにはそれ程執着はなかったが、ギルドメンバーと会えなくなったことは寂しいく、ギルドメンバーが多くそのプログラムに参加すると聞かされ、更生プログラムに参加する。

身長161cm A型 2月14日生まれ
ハンドルネーム:ミーシャ
職業:吟遊詩人


平田 蛍(ひらた・ほたる)(CV:姫川あいり)

【更生プログラムを行う学園に通う現地の住人】

都会へのやや勘違いした憧れを抱いている。通信手段やネットのレベルが、20世紀レベル。携帯もメール機能なしのものを使っており、試しにメールを打たせてみたら日が暮れるような女の子。

ネットを通じて人と繋がる概念がない。そーしゃるねっとわーく? 何それ、外国のお菓子? おいしいの?

実家は農家で、毎日のように農作業を手伝う、真面目で良い子。お気に入りの麦わら帽子があり、私服のときは必ずかぶっている。華奢に見えても、家業を手伝っているので案外力持ち。基礎体力も高く険しい山道も何のその、座り生活の長い主人公よりも長い時間歩いても平然としている。

田舎の娘なのに、虫が苦手で、「足が6本なんて生物の常識から外れていますよ!」などと叫びます。上記の理由で、蜘蛛はどうやら苦手ではない模様。

また田舎の一大イベント「お祭り」が大好きで、「祭り小町」の異名をとる。金魚すくいや射的は神業レベル。

身長156cm O型 8月17日生まれ
ハンドルネーム:アリシア
職業:ウィザード(魔法使い)


伊織

鶴 伊織(つる・いおり)(CV:鶴屋春人)

【主人公以上にアルファに夢中なギルドリーダー】

アルファでは個性的な面子をまとめあげていた。ネットの中では面倒見もよく、更に最強のキャラと腕前で、主人公も憧れる伝説レベルのプレイヤー。

性別が違う役を演じていたが、あまりに堂々としていて誰も女子だとは気がつかなかった。誰よりもアルファに夢中になっていたために、キャラクタを取り戻すことに執着している。そのために、「運動部に所属しろ」という更生プログラムを、ぶつぶつ言いながらもこなしている。

「なんで、わたしがこんなことしないといけないんですか」
口調は同年代にも敬語だが、決して丁寧を意識させる敬語ではない。当然のように、主人公をキャラクタの名前で呼ぶありさま。現実に興味がもちきれないために、斜に構えた「毒発言」が時折口をつく。ゲーム内では何でも思うようになっていただけに、現実の方がクソゲーだと言い放つ。

口数は少ない方だが、メールは得意で超長文になり、好きなことだとマシンガントークを繰り広げてしまう。ただ親しくなると口癖が増えていき、電話も中々切ってくれない(もっと話していたいから)。身体能力は高い。高すぎると言っても過言ではない。ほとんど学生記録レベルを、特に鍛えることなく数値としては叩きだせる。パワーがありすぎて、制御がきかないことをもしばしば。しかし、ここまでスポーツ経験はまったくのゼロ。もちろん団体競技の経験もなく、リアルの世界での協調は難しいと嘆く。更生プログラムで所属するのは、ラクロス部だが、身体能力を期待され、様々な部活を一通り体験する中で気に入ったのは、弓道部。

下着集めが趣味で、パンツの所持数は100を軽く超えている。しかしなぜか、ブラは10枚未満。理由は、胸がでかすぎて、ブラはオーダーメードになるからで、上下お揃いに出来ないことがひそやかな悩み。

身長149cm B型 10月28日生まれ
ハンドルネーム:トリスタン
職業:パラディン


エミー

エミー(CV:美咲桃子)

【人気MMORPGアルファの、いわゆる進行役】

開始時はチュートリアルのサポートなどで、プレイヤーにはお馴染み。 中盤以降はクエストの進行役などで、ログインすれば必ず何らかの形で目に触れることになる。 学習能力を兼ね備えていて、アルファの性質を生かしたプレイヤーの徹底分析により相手を不快にさせない会話能力を保持している。

基本はいつも笑顔で、ムリを言われても少し困ったような様子を見せる程度。 少なくともゲーム中で彼女の怒った顔を見たことがあるプレイヤーは存在しない。ぴったりとした装束は豊満なバディを浮かび上がらせる。 言葉遣いもとても丁寧、会社の受付嬢のレベルで徹底している。 とはいえ、機械的ということはなく、相手にあわせた受け答えに「中の人」はどうなってるんだとの疑問はつきない。

主人公達が学園に転入後、アルファのマザーコンピューターの暴走により、「なぜか」実体化してしまう。

知識はネット経由で豊富なのだが、やはり実践の仕方を間違ってしまう。 また、基本の知識がRPG基準なので、色々とずれている。 女の子の部屋のタンスをあさって、「アイテムゲットです!」はお約束。

身長165cm A型 4月26日生まれ
職業:アテンダント


立樹 翼(たつき・つばさ)(CV:早瀬ゃょぃ)

主人公の幼なじみ。そこまででなくとも古い付き合いの友人。 小さな頃から線が細く、整った顔立ちから女の子に間違われることが多かった。

女の子に憧れを抱いていて、家には女の子向けのファッション雑誌ばかり。 主人公に淡い思いを抱いているが、アプローチが出来ない。本人は今のままの関係で言いと思っている。

アルファはプレイしていて、主人公は気がつかないが、実際は同じギルドに所属する女性キャラを使っている。 女の子になりたい。そんな夢をかなえてくれるネトゲの世界にはまっている。

更正プログラムに導かれるクエストを主人公と一緒にクリア=アカバン。 本当の自分になれる場所を失い、落ち込み方は主人公に匹敵する。

「お前もアカバンされたのか」
「うん」

そこで、一緒にプレイしていたキャラの中の人が翼だと知り、主人公は驚愕する。
「ぜんぜん気がつかなかった!」
気持ち悪いとは言わずに、むしろ完璧に演じきったことに感心するような言動。

「お前が女の子だったら、絶対に放っておかなかった」

冗談交じりの一言だが、それが女の子への憧れをリアルでも実行するきっかけに。 更正プログラムへの参加を決意し、「男の娘」として主人公と共に、学園生活をスタートすることになる。

身長160cm O型 4月4日生まれ
ハンドルネーム:ミリナ
職業:クレリック(僧侶)


加奈子

森下 加奈子(もりした・かなこ)(CV:秋乃茜子)

都会と言うか華やかな暮らしに憧れている田舎の少女。 夢はアイドルになること。 と、言う事で由貴が転向してきた事により、アイドルになるコツを聞きたくてつきまとう。

蛍とは昔からの友人で、蛍が村での暮らしを普通だと思っているのとは反対に、加奈子は出て行きたくて仕方がない。 スタイリッシュさに憧れてラクロス部に入ったりもするが、あまり運動神経はよろしくなくチーム内では足手まといな存在。

エミーの教育係を買って出て、間違った知識を教えまくる困ったちゃん。

「いつでも可愛くいないとアイドルじゃないから」
そんな私服は勘違いしたゴスロリで、そのまま田んぼのあぜ道を歩いたり、農作業を手伝っていたりする。

身長155cm AB型 6月23日生まれ


主人公

田尻 健太(たじり・けんた)

ごく普通の少年だったが、軽い気持ちで始めたネットゲーム 『アルファ』 にハマり、適性があったのかそのうち上級者へ。

サーバーの中でも多くの人が認知しているトッププレーヤーへと上り詰める。 そんなある日、運営から提示された高難易度クエストに挑む健太とその仲間たち。 協力し合い見事にクリアするが、それは運営からの廃人度を測るための試練だった。 『アルファ』 の開発・発売元である “クロノス” からネトゲ廃人認定を受けてしまい、手塩にかけて育てたアバターのデータを消されてしまう。 アカバン以来無気力な日々を過ごしていたが、ある日ネットゲーム廃人更生プログラムの被験者に選ばれる。

プログラムへの参加報酬が消されたアバターの復活だったので、餌に釣られて参加を決意する。

主人公
ハンドルネーム:ヒエン
職業:ドラゴンナイト